漫画家・池沢理美の日記。漫画以外のことばかりなり(笑)


by ikzw8686
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『吉原御免状』劇団☆新感線

26日、久しぶりにお芝居観てきました。
劇団☆新感線の「吉原御免状」。

ストーリーは劇団初の原作付きということでしたが、
新感線ワールドは相変わらず堪能できました。

役者さん達がよかったです。
主演の堤真一さん。いやあ色っぽくカッコイイですねえ。
私は案外「オトコ」に心動かされない方なのですが(イカンかしらん)、
今回の堤さんには惹きつけられました。後ろ姿の下半身が着物のしわと共に
うっすらラインが出てるあたりが凄く綺麗で。
堤さんの新感線主演もの「野獣郎…」の時はギラギラしすぎだった気も
していたのですが、今回はドスをきかせるところはきかせ、抑える箇所では
静かなるオトコを演じられていて、単純に好みでした。
素晴らしい役者さんです。

一方の主演女優、松雪泰子さん。
女の色香がぷんぷんと。あでやかでした。
…というか、凛とした強さの方が際立っていたかもしれません。
もともと好きな女優さんでしたので生のお芝居が見れて嬉しかったです。
壮絶な最期には引き込まれ、涙出そうになりました。

また、共演の京野ことみさんもよかったです。
松雪さんよりも一歩引いた立場の役所でしたが、その切なさが
良く伝わってきました。

相変わらず高田聖子さんも素晴らしい。
綺麗だなあ。妖しさがスゴイ。
笑わせながらの妖しさってなかなか出せるモンじゃありません。

藤村俊二さん。大好きな役者さん。
階段で足を踏み外しそうになったときはどきっとしましたが、
転ばず済んでよかったです。一瞬芝居が止まりましたが、いつもの
ひょうひょうとした演技(というか素で?)見事カバー。拍手。

古田新太さん。
う〜ん。物足りない。あっさりしすぎ←役所として
もっともっと古田さんを活かしてほしかったなあ。堤さんとの絡みが
あまりなく残念。殺陣はたくさんあったけど、精神的な絡みというか
生き様と生き様がぶつかりあうといった、新感線の今まででおなじみで
はずせない見せ場が少なかったように思いました。
そういった意味で、いつもの古田さんのゾクゾクさせてくれる色気を
感じることができずちょっと物足りない。

右近健一さん、痩せました?よね。
しばらくお会いしてなかったらスッキリしててビックリしました。
いつもの「ざ〜ます」に化けませんでしたね(笑)。
ちょっと見たかったかなあ。

全体として、お笑いシーンが少なかったですね。
もはや一大商業演劇とも言えるようになったかの新感線だから
細かい仕込みの笑いや、毎度おなじみの楽屋落ち、という次元の表現も
今さらなのでしょうか。
規模が変われば変化は仕方ないところかもしれませんが、
個人的にはちょっと寂しい。

次回作ビックリのクドカン脚本。どうなるのでしょうか。
[PR]
by ikzw8686 | 2005-09-29 00:16 | 日常・あれこれ